目のエイジング「老視」について



老視は40歳前後から症状が見られる誰もがなる目の老化現象です。
カメラでいうとレンズの役割をしている水晶体を調節する機能が弱まることで、近いところが見えなくなってしまいます。
“自分はまだ若いから”と無理をするよりも、適切な対処を行なうことで、快適な生活をエンジョイしてみませんか。






スマートフォンの文字がはっきり見えない、視線を移した時にピントが合いづらい…そういった症状は、目のピント合わせの力が加齢とともに弱まってきているサインかもしれません。
私たちの体は年齢とともに変化していきます。瞳も同じように変化していきます。
ですから、その変化に合わせたケアが大切になっていきます。
目のピント合わせは10歳をピークに徐々に弱くなり、早い人だと30歳、一般的には40歳前後にはほとんどの人が手元から30cmより近いものが見えづらくなります。


これまでは老視をケアできるのは老眼鏡だけと思われがちでしたが、最近では老視用のコンタクトレンズも登場しました。老眼鏡のデメリットだったつけ外しの手間や顔の印象を変えてしまうというデメリットが解消されます。老視用のコンタクトレンズならば、老眼鏡を持ち歩く必要もなく、遠方から手元までクッキリ・スッキリと見ることができます。