アイドック(目の人間ドック)





アイクリニック表参道では、あなたの美しい瞳をいつまでも守り続けていただくために眼病の早期発見を行うための「アイドック(総合的な目の精密検査)」を実施しています。たとえば片方の目で見えないところがあっても、もう片方の目で補おうと脳が「見え方」を修正します。そのため、目の重篤な病気は自覚症状が現れにくいといわれています。
そのために進行性の眼病(緑内障、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性症など)の早期発見は難しいのが現状です。
当クリニック独自の「アイドック」では、10種以上の検査を行うことであなたの目の状態を把握します。そして、眼科専門医により十分に時間をかけてわかりやすく結果を説明いたします。

アイドックの流れ

受けていただく検査の流れを説明します。


目の内部の健康状態を診察し、精密検査ができるか検査します。

機器により近視・遠視・乱視の他覚的測定を行います。

目の硬さを測定します。眼圧は、緑内障の発見の目安の一つになっています。

角膜の細胞を撮影し、現在の「角膜の内側にある細胞」の状態を検査します。

視力(近視・遠視・乱視)の自覚的な検査を行ないます。

近くの見え方を自覚的に測定します。
調節力(目のピントを合わせる力)の機能の状態を知る検査です。

涙の量を測定し、ドライアイの有無を検査します。

調節力を測定します。

正確な検査結果を出すために目を休ませます。
体に嬉しいフレッシュジュースまたは、お茶でブレイク。



物が見える範囲と感度の自覚的な検査を行ない、眼病が潜んでいないか検査します。

目の中に入る光の量を調節している虹彩を薬剤を点眼して広げることにより、目の隅々まで細かく検査します。検査のために瞳孔が開く薬(散瞳薬)を点眼し、散瞳するまで約30分間お待ちいただきます。

角膜を撮影して角膜の形状を確認し、歪みや異常の有無を検査します。

瞳孔が開くまでの間、シミュレーションルームで
休憩していただきます。

普段の生活環境をイメージしたシミュレーションルームで、
パソコン使用時の留意点をアドバイスします。
VDT症候群の予防に役立ちます。



目の奥の黄斑部や視神経繊維層を立体的に解析し、網膜の状態を確認します。
眼底検査では瞳孔を開いた状態で眼底を撮影し、疾患がないか確認します。

眼科専門医が検査結果を説明します。

アイドックの受診について アイドックの受診について