瞳の色を変えてもっと美しく。カラーコンタクトレンズ




2009年の薬事法改正により、度数「0」のカラーコンタクトレンズも高度管理医療機器に分類されました。目に直接装用するため、クリアのコンタクトレンズと同じように装用やレンズケアに注意が必要です。



シーンにマッチしたカラーチョイスで、あなたをより魅力的に演出してくれるカラーコンタクトレンズ。お仕事・デート・パーティなど、さまざまな場面で活躍してくれますが、目のトラブルのせいでいざという時に使えないのはとても残念。カラーコンタクトレンズと良き関係を築くために、日頃から目の健康を保つための正しいケアと習慣を心がけることが大切です。

シーンにマッチしたカラーチョイスで、あなたをより魅力的に演出してくれるカラーコンタクトレンズ。お仕事・デート・パーティなど、さまざまな場面で活躍してくれます。





透明なコンタクトレンズに比べて酸素透過性が低く、着色部位が角膜や結膜を傷つけやすいなど、眼障害を引き起こすリスクがあるカラーコンタクトレンズ。 決して自己判断で使用せず、眼科医の処方を受け、あなたの目に合ったカラーコンタクトレンズを使用しましょう。