クリニックの紹介

 
 

アイクリニック表参道は、患者様の目の健康を第一に考えて、お一人おひとりと向き合った診療を行うことをコンセプトと考えています。 患者様が抱える目の悩みは、十人十色。だからこそ、患者様と医師やスタッフのコミュニケーションを大切にしなければならない。 患者様の目に合った治療方針の決定やコンタクトレンズ処方を心掛け、ケア方法の説明や色々なアドバイスを行います。 落ち着いた雰囲気とプライバシーを重視した空間のクリニックにお出でいただき、日頃、患者様が感じておられる目に関する疑問や不安にも丁寧に、わかりやすくお応えし、美しく健康な目を維持するための提案をしていきたいと考えています。

はじめまして。アイクリニック表参道、名誉院長の増田です。
人が外部から受け取る情報の80%以上は視覚によるものであり、
豊かな人生を送るためには高いQOV(クオリティ・オブ・ビジョン)を保つことが重要になります。
では、どうすれば高いQOVをキープできるのか。
その答えのひとつが“目のトラブルの早期発見”です。

失明原因1位の緑内障、2位の糖尿病性網膜症、そして近年増加している加齢黄斑変性症などは早期に適切な治療を行うことで、視機能を維持できます。
失明という悲しい事態に陥らないため、日頃から目の健康に気を配ることが大切なのです。
当クリニックでは、目の疾患の正確な診断とメディカルエビデンス(根拠に基づく医療)を患者様にご理解いただくまで説明し、同意を得た上で治療を行います。
疾患の状況に応じて、外科的治療が必要と診断された患者様には信頼できる大学病院や施設をご紹介します。患者様ご自身で今の診断や治療に不安・不満を抱かれている場合、
眼科専門医としてセカンドオピニオンも受け付けております。

また、高いQOVの実現には近視・遠視・乱視といった“屈折異常”や、老眼・調節緊張といった“調節異常”の適切な矯正も欠かせません。
昨今では若い世代の屈折異常が増加し、とくに視力低下で悩む方が増えています。
屈折を矯正する方法として「メガネ」「コンタクトレンズ」「屈折矯正手術」などがありますが、
患者様のライフスタイルなどをしっかりと問診した上で、もっとも適した矯正方法をご提案いたします。

現在の矯正では遠くや近くが見えにくい、目が疲れる、そんなストレスを感じている方もぜひご相談ください。



略 歴
1964年
東京大学医学部卒業
1970年
東京大学医学博士取得
1977年
米Yale大学 眼科及び視科学教室留学
1987年
東京大学医学部教授
1997年
東京大学医学部名誉教授
1998年
関東労災病院院長
2001年
日本赤十字社医療センター院長
日本赤十字社助産師学校校長
日本赤十字社幹部研修センター所長
2007年
日本赤十字社医療センター名誉院長
2015年
アイクリニック表参道院長
2018年
アイクリニック表参道名誉院長



ホームページをご覧いただきありがとうございます。
アイクリニック表参道 院長の坂下です。

これまで白内障手術・ 糖尿病網膜症などの硝子体手術や網膜剥離手術、さらにLASIKなどの手術を多数執刀して参りました。特に緑内障に関しては、薬物治療から手術まで、数多くの方の治療をさせていただいておりました。

今後はこの経験をもとに、緑内障や糖尿病網膜症・加齢黄斑変性などの疾患の早期発見につとめるとともに、屈折矯正にも力をいれていきたいと考えております。

眼精疲労など眼が原因の身体の不調があらゆる年代にみられるようになり、適切な眼鏡やコンタクトレンズの選択がますます重要になってきています。屈折矯正は眼科クリニックが担うべき大きな役割であるからです。

オリンピックにむけて変化していく様がクリニックから日々観察できます。表参道・神宮前・原宿はあらゆる世代に活力を与えてくれるところと感じております。

この地で、増田名誉院長にご教授いただきながら、皆様のQOVの維持にお役に立てるよう真摯に努力して参ります。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。



略 歴

群馬大学医学部卒業
東京医科歯科大学附属病院 眼科
東京都多摩北部医療センター
東京都立駒込病院
日産厚生会玉川病院
アイクリニック表参道院長



資 格 ・ 所 属 学 会

日本眼科学会認定 眼科専門医
日本眼科学会
日本緑内障学会
日本コンタクトレンズ学会
日本抗加齢医学会